2005年11月30日

「ミシン」・・。

今日は一日ヒッキー。
というのは、ミシンをかけていたから。
スカートのすそがほつれていて、いつもなら手縫いなのに
押入れの片隅でホコリかぶってるミシンを引っ張りだしてきました。
5年ぶりくらい??なので使い方もちょいあやふや・・
でもなんとかカタカタ動かしていっちょあがり〜!
こうなったらなんかもっと作ってみたくなり、
古いTシャツをざくざく切って、わんこの服を縫ってみることに。
わんこに洋服って〜はい、思ってました、私も!
でも冬は寒いんですよね〜ウチのわんこ白いから汚れが目立つし。
練習用に小さくてちょうどいいかあ、と始めました。
ミシン.jpg  やりだすと結構夢中になってしまいます。
かたかたかた・・と音がイイですね。
あと10センチ・・というところで突如上糸がぶつぶつ切れはじめます。
なんとか縫い終えましたが、ボタンとかファスナーとか揃ってなくて
「今日のところはこれで勘弁したるわ〜」と独り言を言い、今日のところは未完成。
はっ!もう暗い・・。どうりでわんこはご機嫌ななめ・・。

「ミシン」・・。この響き好きです。
「下妻物語」の嶽本野ばらさんにそういう小説があったな〜
縫うミシンとは全然関係なく、主人公が憧れるパンクバンドのボーカルの名前が
「美しい心と書いて、美心。で、ミシンと読む」んだった。
私はもうひとつの「世界の終わりという名の雑貨店」(確か映画化にも?)が
好きだったな。ゴシロリの世界が今ひとつぴんとこなくても、
「今、僕は、君に雪のことを知らせたい。・・・・雪が降っています。・・・・」
のくだりは、雪が降るたび思い出すのでした。嘘じゃなく。
「雪が降っていることを君に伝えたいというこの想い」は私は今誰に伝えたいだろう?と。



野ばらって名前すごくいいなあ・・すごく合ってるなあと思います。
posted by ヒノヒカリ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10022372

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。