2005年12月08日

今そこにある・・。

友達のお母さんが脳梗塞で倒れた。
まだ意識が戻っていないよう。
私はただ回復を願うのみ。
もうひとりの友達のお母さんは高2のときガンで亡くなり
お父さんは二十歳のときに自殺した。

「死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。」

「言葉にしてしまうと嫌になってしまうくらい平凡だ。まったくの一般論だ。」

と書いたのは村上春樹。

そう、「ひとつの空気として身のうちに感じたのだ。」

そうなんです。最近「死」は「遠くにあるもの」ではなく
「今そこにあるもの」として感じるときが多いのです。なんだか。





posted by ヒノヒカリ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10406148

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。