2006年02月11日

トリノ。

冬季オリンピックが始まりましたね。
ぼんやり見ていたら、
入場行進のBGMが80年代前後のヒット曲メドレーなのに驚き。
まさか「YMCA」や「JUMP」が流れるとは・・
でもイタリアのヒット曲って何一つ浮かばないや・・
オペラでとおすわけにもいかないか。
ピーター・ガブリエルも「イマジン」歌ってましたが、
彼イタリアに関係あったっけ?
それとフェラーリ!トリノといえばフィアットでは?
確かにちょっと・・地味・・だけど。
それでいいのか?トリノ?もうちょっとトリノ色出してもいいのでは?
(でも全部見てたわけじゃないので、あったのかも。気づかないだけで。)
スポーツ観戦は好きなのですが、民放のはうるさくて嫌い。
「メダルーーー!」と言い過ぎです。
NHKの淡々と的確な情報だけの方が好きです。
(最近ちょっと民放よりになってきてるけど)
選手のみなさん、力を思い切り発揮出来るといいですね!
posted by ヒノヒカリ at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

エクセルの試験結果発表!

今日の朝イチに、先生が
「みんながあまりにもエクセルの試験が『出来なかったーー』と言っているので
問い合わせちゃいました。」とおっしゃる・・。
余計なことをーーーーのムード満載のなか、
「みなさん、合格でしたよ♪」の一言に教室中がどよめきました。
☆イッツ、ミラクル!!☆
これを「奇跡」といわずになんと言おう?
わーーーーい。よかったーーー!
続く先生の「70点の人多かったですけど・・」の声はかき消され・・
(70点が合格レベル)
後から張り出された結果表を見てみたら、
「実技」97点「知識」70点・・・。
きゃーー、ほんとギリだったんだーーー、あぶなーーーい。
他にも70点ジャストの人が3人。
あれ、67点の人も合格だ。「今回難しかったのでちょっと下がりました」とのこと。
100点であろうが、70点であろうが2級合格は合格だもんね。
よかった、よかった。。。。。神様、ありがとうございました。
posted by ヒノヒカリ at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

「東京タワー  オカンとボクと、時々、オトン」

いまさらなんですが・・「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を読みました。
あんまりTVを見ない私なので、「ココリコミラクル・・」(2・3回見たかな?)で
ちらっと見かけるなんだか”ふにゃっ”としたこの人、何者??って思ってました。
リリー・フランキーさんの本とか、イラストも知っていたけど、なんかつながらなくて。
で、軽い気持ちで読み始めたのですが、、

号泣。

たった一枚だけあるリリーさんの挿画も・・泣けます。

『本の装丁(デザイン)をする時、考えたことは一つだけでした。
 大切に扱ってもらえる本にしたい。紙の手触りとか、重さとか、心地良くしたい。
 そして、これはオカンの本なのでオカンなテイストにしたかったのです。
 よく、もらった洋菓子の包装紙とか、結んである金色のひもとか、うちのオカンに限らず、
 おばちゃんってそれを捨てられないで、大事に取っとくじゃないですか。
 あれみたいに、なんだか捨てられないかんじがする本にデザインしたつもりです。』
と、リリーさんが別のところで書いているとおりの素敵な装丁です。

私小説だったんですねーーー。そんなことも知らずに読みはじめてた。
当たり前だけど、みんな「オカン」がいるんだなあ。
男と女では、ぐっ、とくるところが微妙に違うかもしれない。
でもこのタイトル、上手だなあ。
「オカンとボクと、時々、オトン」そのとおりなんだもん。

☆絶対おすすめ!(・・ってみんなもう読んでるか・・)特に30代後半以降男子!




posted by ヒノヒカリ at 18:05| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

「平将門伝説ハンドブック」

歴史ものにはとんとウトい私ですが、
村上春樹著、ということで図書館でネット予約しました。
そういえば、「夫が織田信長家臣団に興味を持っており、私達夫婦は老後、
史跡めぐりをするんだそうだが、とても嫌だ」というメールに
「正直に言いまして、僕は織田信長家臣団にとても興味があります」なんて
コメントしてたし、「スメルジャコフ対織田信長家臣団」なんて本も出してるし・・
その手のエッセイ本かしらん?と信じていました。

やられました。
1937年生まれの同姓同名の村上春樹さんでした・・早稲田大学卒業ですけど・・
あーー、そういえば同姓同名のかたがいらっしゃるって聞いてた気が・・(今頃遅い)
せっかくなので読んでみました。
県ごとに分かれていて、これこそ史跡めぐりをするのによいのでは、ないか、と・・。うーーむ。
(Amazonでは写真が見つからなかった・・とてもシブイ・・)

なのでこちら!メールのやりとり最高!
posted by ヒノヒカリ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

ワードの合否が。

一週間前にやったワードの試験結果が出ました。
結果は、全員が合格♪わーーーい♪
でも、実技は完璧だ!と思ってたのに、
知識98点、実技90点の意外な結果。
でもとりあえず、よかったーー。
だって、エクセル2級が・・
実技は完璧(?)だけど、知識問題が・・
始まって5分で泣きそうになったもん・・。
試験の月曜日の朝見た夢が、
先生が「○○さん、知識52点だったよ・・・」と告げる
超セツナイ夢だった・・正夢になりませんように!!
せめて60点・・(←いや、それでも落ちてますケド)
やっぱり、70点お願いしますっっ。(誰に頼んでるのだっ??)

posted by ヒノヒカリ at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

撃沈・・

2級って、やっぱり一週間じゃ無理だわ・・
ミラクル☆を待つかあ?ふーーー。
posted by ヒノヒカリ at 23:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

立春。

ぷるぷるぷる・・
寒いっっ・・春なのにーー♪
雪がまた積もるようです。
この部屋はなんと現在3℃・・すいません、もう退散です。
春なのにーーため息またひとつーー♪
posted by ヒノヒカリ at 17:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

教えて!豆まき。

皆さん、丸カブってますかーー?
今日は節分です。今年の恵方は南南東です。
そちらにむかって、立ったまま巻き寿司を丸かぶりですよー。
はい、食べ終わるまでしゃべっちゃだめですよー。もぐもぐもぐ・・
っつーか、一本まるまるなんて食べきれないっつーの!
でも、これって最近まで関西近辺しかやらなかったみたいですね。
・・もぐもぐ・・(まだ食べきれてない)
ところで、皆さん豆まきはいたしましたか?
ずーーーっと疑問だったんですが、皆さん、まいた豆はどうしてるんですか?
ウチは、豆を5cm四方くらいの紙袋にいれてまいてました。
その後、紙袋を拾って中の豆を食べれるでしょ。
情緒は無いですけどね・・
(一度豆そのものをまいたら、エライことになった。最終的には掃除機・・)
先週の「サザエさん」、今年も豆を食べてる映像は見れなかった・・
ということは、本当はあの豆食べるものではないのかな?
けど、豆、おいしいですよね・・
小さいときはぼそぼそして食べにくいと思ったけど、
今はなんかしみじみしちゃうんですよね・・。いそふらぼーーん。(意味不明)
・・ぼりぼり・・
はい、食べる豆は年の数だけですよーー。
違いますよ、2006個じゃないですよーー。
そんなに食べれるのはキリストさんだけですよーー。・・ぼりぼりぼり・・
posted by ヒノヒカリ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

misdo Liccaのバッグ♪

わーーい、ようやく手に入れました。ミスタードーナツのおまけのバッグ。

misdo.jpg これです。結構デカイ。

おまけといっても300円ごとに1枚もらえるカードを8枚集めなくちゃいけない。
発端はバス待ちの時、ミスドに行ってカードを1枚もらってから。
何が何でも欲しいわけでもなかったんだけど、オマケに弱い私。それから
お昼ごはんをパイにしたり、おみやげにあげたり、喫茶店がわりに行ったりしたのですが
(しかもカフェオレ294円なので、ドーナツつけなきゃもらえない設定)
一年に3・4度くらいしかドーナツ食べない私には結構苦行。
2月5日までに後2枚って、もう無理だ・・ってあきらめてたら、
Mちゃんが「集めてないのであげるよーー」との神の声!
ありがとーーーう。。。私もよく人にカードあげるのですが、もらったのは今回初めて。
Mちゃんと、昔は2箇所スクラッチだったのにねーという話になって
(ま、今回も「大逆転スクラッチ!」ってのがありましたけど、)
「後1点で10点ってとこで、生まれて初めて5点出たりしたー。」と言ったら、
「いいじゃないですかーーー!私なんて、後1点の時2箇所とも0点だったんですよーー!」
   ☆☆えーーーー、それってありえないいーー!☆☆
最低が0点+1点だと思ってたよーー。恐るべしミスド!
買っても買っても点数たまらない可能性もあったんだね・・
それにくらべれば、2400円以上で絶対おまけのバッグがもらえるんだからヨシ?
うーーーん、でも私はやっぱり、
スクラッチでひょっとしたら最初のカードで5点+5点が出ちゃったりして☆
の方が楽しかったな♪ (←ギャンブラー?)


posted by ヒノヒカリ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

「意味がなければスイングはない」

『優れた音楽をあるがまま素直に楽しめて、ある場合には感動できたら、
それでもうじゅうぶんじゃないかと思っていた。』という村上春樹が
『しかし最近になって、音楽について語りたいという心持ちが、僕の中で次第に強くなってきた。』ということで、ジャズからクラシックからロックから語る一冊。
はっきりいって、この中に出てくる10人の中で半分も曲を知りません。
かろうじてわかるのは、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンと、
ブルース・スプリングスティーンと、シューベルトと、スガシカオだけ。
ビーチ・ボーイズなんて『陽光と太陽と、金髪の美女とスポーツカーについて
スーパーイノセントな歌』を歌っていただけという認識しかなかったし、
「ボーン・イン・ザ・USA」もなんでこんな暗い歌詞が
『アメリカ礼賛の歌として捉えられて』いるんだろう?と思っていた。
スガシカオは・・実はCD持ってます。「黄金の月」は一時期ずーーーっと聞いていた。
スガシカオ自身は村上春樹が自分の曲について書いていることを
どう思っているんだろう?それがすごく気になる。

『「もっと音楽をたくさん深く聴いてみたいなあ」という気持ちになっていただけたとしたら、』とこの本のあとがきで書かれています。
私自身、最近音楽と親密な気持ちになることが確実に少なくなっています。
なぜなんだろう?
「海辺のカフカ」の星野さんのように、そういう巡り合わせがいつかやってくるのかな?
それは多分かなり幸せな出会いなんじゃないかな?

  いつか出会えるかな?

posted by ヒノヒカリ at 21:47| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。